冷蔵庫の大変革 この技術で世界が変わる!?

>>>「教えてもらう前と後」で紹介された『Freshtron』の詳細ページはこちら




もし、今よりもっと食品が長持ちする夢のような冷蔵庫があったら、欲しくないですか?

ご存知でしょうか?

冷蔵庫は昭和の『三種の神器』として登場してから、あまり大きな変化は見られません。電気で冷やす、これは変わりません。

冷蔵庫がなかった時代から比べたらかなり画期的ですが、これだけ技術が進歩した現代でも、電気で冷やすだけなので、乾燥して水分が飛んでしまったり、色が悪くなったり、味が落ちたり、買った時の鮮度は保てないですよね。

冷蔵庫ですべて冷やせますか?冷やすだけで長持ちしますか?

「冷蔵庫を過信するな。」

冷蔵庫に入れても、食品の鮮度はどんどん劣化します。ものによりますが、鮮度命の肉・魚・乳製品などは、1~3日くらいでしょうか?

野菜や果物も1週間くらいが限界でしょう。この記事では、冷蔵庫の常識を覆す大変革について、お話いたします。

2-1.フードロス

「冷蔵庫に入れても食材・食品はそんなに長持ちしない。」

これは、ご家庭だけでなく、飲食業界、物流業界が頭を悩ませていることです。

レストランでは、一番食材が良い状態で、お客様に美味しさを提供するために、素材にこだわり、新鮮さを保つために日々努力しています。

スーパー・コンビニでは、より鮮度のいいものを消費者にお届けするために、こまめな入荷が必要です。

配送業者は、限られた時間の中で、鮮度を保つ努力をしながら、急いで運搬しなければなりません。

売れるのを見込んでたくさん用意しなければいけないけど、入荷したとたんに痛み始める。

商品価値は下がり、まだ食べられるのに廃棄する場合もあります。これが、今社会問題となっている『フードロス』ですね。

2-2.家事も家計も大助かりする大変革

この問題が解決される、冷蔵庫大革命が、近い将来起きるかもしれません。

買った時、入荷した時の鮮度そのままの冷蔵庫、ものによっては1ヵ月たっても新鮮な冷蔵庫、少し劣化が始まっていたけど、そこに入れたらよみがえってしまう冷蔵庫、こんな魔法のような冷蔵庫があったらいいな、と思いませんか?

想像してみてください。

忙しい働くママも、子育てに追われるママも、そう頻繁に買い物に行ける方は少ないのではないでしょうか?

また、重くて大変ですから、配送をお願いしている方もいらっしゃると思います。

買い物した後、または自宅に届いた後、傷まないよう、新鮮なうちに料理の下処理をして冷凍庫に入れる、等の手間はなくなるかもしれません。

冷凍庫に入れると変化してしまう、冷凍できない食品もありますし、冷凍すると長持ちはするけれど、栄養価が下がる、冷凍焼けする、水分が抜ける等のデメリットのある食品もあります。

それらを冷凍せず、そのまま鮮度長持ちするなら、こまめに少量ずつ買うのではなく、まとめて買うこともできるので、家計も大助かりになるかもしれません。

提供する側にとっても、より新鮮で良いものをお客様にお届けできるようになるのかもしれません。

そして何より、廃棄しなくてよい、と言う素晴らしいメリットが生まれるのです。


この日本から、家庭の食卓と、飲食業界・物流業界に大変革を起こす魔法のような冷蔵庫が発売されるのもそう遠くない未来かもしれません。

このフードロス問題に正面から向き合う会社があります。食材の約70%は水分から出来ています。

この水分に着目し、40年もの間研究を続けてきました。水分子をコントロールすることにより、鮮度が長持ちする技術を発見し、実験を繰り返しながら、開発中です。

近い将来、一般化されて、業務用も家庭用も世に出たら、大変革となることでしょう。

鮮度が保てて美味しいまま長持ちすれば、飲食業界では、大幅なコスト削減が図れます。
物流業界も大きく変わります。


無理なスケジュールでの搬送はなくなりますから、労働環境も改善されるかもしれません。

急いで運搬する必要がないのですから、農家の皆さんも、出荷調整で大量に作物を廃棄しなければならない不幸も防げるかもしれません。

国内の孤島や地方で届かなかったものが届きますし、日本の美味しいものを海外にお届けしている、料理人やバイヤー、出荷する業者にとっても画期的と言えます。

鮮度が命で、冷凍するなど様々な工夫を凝らしてもどうしても痛みが始まってしまい、空輸中に劣化していくため、お届けできなかったものも届けることが出来るようになるでしょう。


いかがでしょうか?

今まで誰もなしえることが出来なかった、食品をより長持ちさせる技術が、ついに発見され、現在も研究開発が進んでいます。

冷蔵庫が変わると、世界が変わる大変革、そう遠くない未来に現実になることでしょう。

(株)エバートロンは、水分子コントロールを研究し続けて40年、食周りの環境が良くなることで、世界から、生活習慣病やガンを患う人を減らす、世界中の人々の健康支援をする、という理念を掲げ、揚げもの料理の、ヘルシーでコスト削減を実現した『Dr.Fry(ドクターフライ)』などが主力商品です。

>>>「教えてもらう前と後」で紹介された『Freshtron』の詳細ページはこちら